読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肺炎のため今月6日に亡くなった女優、京唄子さん(享年89)の葬儀

肺炎のため今月6日に亡くなった女優、京唄子さん(享年89)の葬儀・告別式が8日午前、大阪市内の斎場で、親族らごく親しい関係者のみ、約50人が出席して行われた。出棺の際には、参列者から「京唄子、にっぽんいちっ!」のかけ声が上がり、すすり泣きがもれた。

50年来のつきあいの担当マネジャーによると、TBS系「渡る世間は鬼ばかり」のスタッフや出演者、関係者らから、供花の申し出などもあったが「すべてご辞退申し上げました」と言い、前日夜の通夜から葬儀まで、身内らだけで静かに見送った。

http://tblo.tennis365.net/faeruoareo/2017/04/08/faedgretetret/
http://tblo.tennis365.net/faeruoareo/2017/04/08/vaersfcvaer/

出席者によると、喪主を務めた長女節子さん(67)は「小さい頃、京都でお母さんと住んでいたことが懐かしく思い出される」と言い、「京唄子劇団」最晩年の舞台「浪花のれん」を上演した国立文楽劇場の名前を出し「母は、国立文楽劇場にもう1度立ちたい、と…言っていたことを思い出します。立たせてあげたかった」とあいさつした。

唄子さんは、08年に同舞台を同劇場で上演しており、09年に腰椎圧迫骨折で療養に入った。2回の手術を経て、舞台復帰を目指した際には、「京唄子劇団」復活へ強い意欲を持っていた。ただ、その後も歩行はままならず、13年には腰椎変性すべり症も発症し、療養が長引き、じょじょに体力が衰えていった。

また、葬儀に参列した「京唄子劇団」の座員や元座員は「ずっと芝居を続けられたらよかったのに…。また回復して、私たちも呼んでもらえると思っていた」と涙した。

http://stone-roses.org/matome/4827
http://kjbyby.net/show/h660yi9

座員らで一昨年7月、唄子さんの誕生日に、自宅へ花を届けに行った際には、唄子さんは元気だったといい「また、仕事したいと、話しておられた」という。

現在も俳優として活動する同劇団出身の谷光典(66)は「師匠はいつもきれいに身支度を整えておられて、化粧をしていない姿はほぼ見たことがない」と振り返った。

谷さんら座員、元座員は「向こうには啓助師匠もおられるから、きっと向こうで『唄啓劇団』をまた作りはりますわ」と話していた。