読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糖質を控えめにしたいダイエット中は

糖質を控えめにしたいダイエット中は、外食するときにもライスは小盛を選びたい。各飲食チェーンではほとんどのところで小盛サイズが用意されているが、果たして何グラムなのだろうか。

飲食チェーンの小盛はどれくらい?


カレーチェーンのカレーハウスCoCo壱番屋の「小盛り」は200gと公表している。この量を決めた背景を聞いてみた。
「もともとは普通盛しかありませんでしたが、メニューに少なめがほしいというお客様のご要望から小盛をご用意しました。普通盛はお茶碗に軽く2杯程度の300gです」

次に牛丼チェーンに対して威哥王、小盛ご飯の量を問い合わせてみた。しかし、吉野家松屋すき家なか卯、いずれもグラム数を公表していないとのこと。

しかし糖尿病治療に取り組む内科医で、糖質オフの指導も行っている水野雅登先生によると、ご飯の量を算出する手段があるという。
「各社がメニューの成分・カロリーを公表していれば、ご飯の量は算出できます。牛丼屋であれば、大盛、並盛、小盛、そしてそれに対応する牛皿についての成分・カロリーが表示されていれば、カロリーの差を比べることで算出できます。一般的にはご飯の量は小盛だと200g程度です」

計算方法を簡単に紹介する。

1.ライスの「蛋白質」量の算出
並盛牛丼のライスの蛋白質の量を計算する。

並盛牛丼の蛋白質 - 牛皿の並盛の蛋白質
= 並盛牛丼のライスの蛋白質

2.ライスの量を逆算する
このライスの蛋白質量からライスの量自体を逆算。
文部科学省の「食品成分データベース」によると、シアリス 通販ご飯 100g(炊いた状態)で、蛋白質は2.5g。

3.小盛のライスの量を比例計算する
蛋白質量を使って比例計算。

並盛牛丼のタンパク質量:並盛牛丼のライスの量(概算算出値)
=小盛牛丼のタンパク質量:小盛牛丼のライスの量

これで、小盛牛丼のライスの量が出せる。
実際、ある牛丼屋の数値を使って計算してもらったところ、並盛のライスの量は300g、小盛のライスの量は200gと予想されるという。自分がよく利用する牛丼屋に牛皿メニューがあれば、この方法で計算してみよう。

ホテルニューオータニ大阪では、ホテル最上階のスカイラウンジ

ホテルニューオータニ大阪では、ホテル最上階のスカイラウンジ「フォーシーズンズ」にて、“泡”をテーマに70種類以上のクラフトビールやカクテルが揃う「PENTHOUSE BAR -THE BURST 2017-」を4月24日(月)から8月31日(木)までの夏季限定でオープンする。

■ 人気の“ビアテル”から、今年注目の“クラフトジン”まで、泡系ドリンクが70種類!

http://www.freeml.com/bl/15570765/494205/
http://www.freeml.com/bl/15570765/494206/

夏に多く飲まれている泡系ドリンクの代表格といえば、やはりビール。定番の生ビールやスパークリングワインはもちろんのこと、ここ数年では小規模メーカーによって少量生産される“クラフト(手作り)ビール”の人気が急上昇。ビールをフレッシュジュースで割ったり、リキュールを足したり、ビールが苦手な女性でも飲みやすくアレンジした「ビアテル」も、女性を中心に人気が集まっている。そんな中、じわじわとブームになりつつあるのが、「クラフトジン」。昨年10月に初の国産クラフトジンが岡山・京都に生まれ、話題を呼んだ。同店では、そんなクラフトジンをはじめ、70種類以上の泡系ドリンクを用意。

■ 純和製!スーパージントニック“ジャパン”がお目見え!

炭酸系カクテルの中で最も人気のあるジントニックは、バーテンダーにとっては名刺代わりともいえるほど定番のカクテル。シンプルなレシピだからこそ、店のカラーや特色が出る逸品だ。同店では、ジン専門としては国内初となる京都蒸留所で生まれたクラフトジン「季の美」をベースに、酸味が強く身の詰まった和歌山県産のライムと国産の炭酸水を使用した、まさに“純和製”のプレミアムジントニックを用意。ホテルニューオータニ大阪が誇る熟練バーテンダーによる、とびきりの逸品を是非試してほしい。

■ “インスタ映え”間違いなし!泡系ドリンクにぴったりのフードニューもラインナップ!

http://faheoruifafa.soreccha.jp/e404177.html
http://faheoruifafa.soreccha.jp/e404178.html

泡系ドリンクのお供に、おつまみフードも各種用意。ミニサイズで可愛らしいことから、インスタグラムなどSNSで女性を中心に人気を集めるスライダーバーガーにチーズスティックとサラダを添えた「スターターズプレート」(税抜1500円)をはじめ、スライダーバーガーを3種類盛り合わせた「フォーシーズンズスライダーズ(ハンバーガー、サーモンバーガー、チキンバーガー)」(税抜2400円)や、特製のスパイスをまぶした「やみつきスペアリブ」(税抜2500円)など、料理自慢のシェフが腕によりをかけたフードメニューを取り揃えた。

大阪城と摩天楼の夜景を一望。全天候型バルで、いつでも贅沢な夜時間を愉しめる!

ホテル最上階に位置するスカイラウンジ「フォーシーズンズ」では、ガーデンパラソルが店内に立ち並び、夏のリゾート気分を一層盛り上げる。一面の窓からは、昨年史上最多の来場者数を記録し注目を集める大阪のランドマーク、大阪城天守閣を中心に、大阪市内の美しい夜景が広がる。もちろん、全天候型のため雨の日でも存分にリゾート気分を味わうことができる。

大人女子にぴったりな、贅沢な夏の夜時間をぜひ堪能してほしい。【ウォーカープラス編集部/田村玲奈】

スイス高級機械式時計メーカー「フランク ミュラー」が

スイス高級機械式時計メーカー「フランク ミュラー」が、GINZA SIXに「フランク ミュラー パティスリー」を展開した。

世界初登場となる同店では、時間そのものを楽しむための贅沢な味わいのスイーツを提供する。

http://faheoruifafa.blog.shinobi.jp/%E6%9C%AA%E9%81%B8%E6%8A%9E/faewrfvaerw
http://faheoruifafa.blog.shinobi.jp/%E6%9C%AA%E9%81%B8%E6%8A%9E/faserffdgvaewr

お菓子の宝石とも呼ばれる“マロングラッセ”は、シャンパンや日本酒などアルコールテイストとの新しい調和を提案。アルコールの雰囲気やシチュエーションに合わせた4種類のフレーバーの艶やかなマロングラッセをゆっくりと味わう時間は、まさに大人の優雅な愉しみとなる。

フレーバーは、少しだけ苦みを感じる甘さと柔らかな香りの「ラム」(1個税別1600円)、柑橘系の爽快感が印象的な「オレンジ」(1個税別1600円)、エピスから醸し出されるエッジを楽しむ「スパイス」(1個税別1600円)、そして、長崎県新上五島町のあら塩を使用した角のないまろやかな塩味の「ソルト」(1個税別2400円)が用意される。

柔らかな食感のチョコレートケーキである「テリーヌショコラ」(税別6400円)は、ブランドのアイデンティティであるスイスの濃厚なチョコレートを採用している。独特なローストカカオ豆のフレーバーにほろ苦さとフルーティーさのマリアージュが加わり、ひと口で芳醇な味わいが広がる。

http://www.asks.jp/users/faheoruifafa/
http://faheoruifafa.asks.jp/1188.html

数々の独創的な時計づくりで時間に対する概念をゆさぶってきた「フランク ミュラー」が、時計の枠を超えて甘美な時間を華やかに演出する。極上スイーツを手土産に、家族や友人と過ごす至福の時を過ごしてみては。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

本格ブッフェレストランがさらにパワーアップ

本格ブッフェレストランがさらにパワーアップ

なお、今回は「スカイシート」でレースを観戦したが、食事をしっかり楽しみたい時は、4号スタンド4階にあるブッフェレストラン「ダイアモンドターン」がおすすめ。同レストランはトゥインクルレースの開幕に合わせ、今年4月17日にリニューアルオープンし、ブッフェがさらに充実!

http://www.freeml.com/bl/15570054/326562/
http://www.68newspaper.net/article_detail.php?article_id=5836

ショー・キッチンの要素を取り入れた「ライブキッチン」やバーカウンターを新設した他、デザートや季節のメニューも種類豊富に取りそろえる。テーブルや椅子も刷新し、さらに居心地の良い空間へ進化。コース料理が味わえる、最高級VIPルーム「ロイヤルボックス」(10名15万円)も新たに登場した。

通常の席は、場所やタイプによってさまざまな価格に分かれており、1名5000円~利用可。座席価格には指定席料金、ブッフェ食べ放題、ソフトドリンク飲み放題のすべてが含まれており、最終レース確定まで、思う存分本格ブッフェを堪能できるのだ。

■ GWは家族みんなで楽しめるイベントも!

http://www.68newspaper.net/article_detail.php?article_id=5835
http://tblo.tennis365.net/faeropaeriou/2017/04/27/vgaewrfsdfae/

競馬以外の楽しみも大充実の大井競馬場。GW期間中は、5月2日(火)・3日(祝)の2日間、「ウマイルスクエア」にて「アスレチック&グルメマルシェ in TCK」を実施する。

「アスレチックパーク」には、ミニボルダリングや、落ちてくるボールにタッチする「ショットガンタッチ」など、6種類のアトラクションが登場!さらに、こだわりの食材や果物が並ぶマルシェや、世界のグルメを販売するキッチンカーコーナーも設けられる。馬券を買ったことがなくても、心配ご無用。ファミリーやカップル、友達同士で気軽に足を運んでみよう!【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】

チェコとオーストリアの国境付近にある世界遺産“レ

チェコオーストリアの国境付近にある世界遺産“レドニツェとヴァルチツェの文化的景観”をご存知でしょうか。283平方kmという広大な面積を誇り、その大きさはフランス・パリの2倍以上。敷地内の宮殿や庭園からは、所有していたリヒテンシュタイン家の華やかさが感じ取れます。夏の離宮として利用した「レドニツェ宮殿」は内部も見学可能。細部まで贅を尽くした部屋の連続に、憧れと驚きのため息が思わずこぼれるほどです。

優しいレモンイエローの色味に包まれた外観が特徴

写真:浅井 みらの

http://houeworshgo.asks.jp/452.html
http://cogoole.jp/searches/blog_detail/680/44070

「レドニツェ宮殿(O zamku Lednice)」が建設されたのは13世紀頃。バロック様式だった建物が改装を重ね、19世紀頃にネオゴシック様式の現在の姿になりました。高さを意識した外観からは堂々とした落ち着きが感じられます。宮殿にある部屋数は400室以上ということで、部屋数からもいかに建物が巨大なのかが分かりますね。
見学コースは何種類かあり、チケットはホームページより購入可能。おすすめは主に地上階を巡るコース“Reprezentacni saly”。約1時間で主要な部屋を見学することができます。

水色に青、赤など色鮮やかな部屋に誘われて…

写真:浅井 みらの

部屋に入るごとに異なる趣向が凝らされた調度品が出迎えてくれ、思わずうっとりしてしまいます。ターコイズカラーに統一された部屋は、壁と家具が見事に調和され、豪華なシャンデリアがいっそう華やいで見えますね。
http://cogoole.jp/searches/blog_detail/680/44069
http://houeworshgo.naganoblog.jp/e2095290.html
このほかにも上品さが漂う蒼色に包まれた部屋や、ワインレッドの壁と家具の落ち着いた雰囲気が感じられる部屋などもあり、見飽きることがありません。

写真:浅井 みらの

まるでつい最近まで使われていたような雰囲気ですが、実はこれはスタッフによる長い年月をかけた努力の賜物ということに驚かされます。チェコ社会主義国家だった時代、持ち運び可能なレドニツェ宮殿の調度品や家具の多くは持ち去られ、一般公開する前はがらんとした廃墟のような雰囲気でした。そこから整備が始まり、かつての所持品を回収、そして現在も当時の雰囲気が再現できる装飾品を世界中で探し回っているのです。

名古屋市中区にある「久屋大通庭園 フラリエ

名古屋市中区にある「久屋大通庭園 フラリエ」では、2017年4月27日(木)から5月7日(金)まで、「ザ・プレミアム・モルツ フェスティバル」が開催される。このイベントは、今年の3月にリニューアルした「ザ・プレミアム・モルツ」をリーズナブルに楽しめるビアガーデンスタイルのイベントだ。

http://www.68newspaper.net/article_detail.php?article_id=5832
http://tblo.tennis365.net/aeraeroiuoi/2017/04/26/dgertdfggret/

会場では、工場直送の「ザ・プレミアム・モルツ」や、フルーティな味わいが特徴の「ザ・プレミアム・モルツ 〈香る〉エール」など計4種の「ザ・プレミアム・モルツ」を楽しめる。しかも、これらのビールはなんと1杯200円(「マスターズドリーム」のみ350円)で飲むことができる!またブースでは、「ソーセージ ザワークラウト添え」(400円)や、名古屋人が大好きな「手羽先のから揚げ」(400円)などのつまみも買えるので一緒に楽しもう。4月27日(木)は、サントリー醸造家による「醸造家セミナー」が開催する。「ザ・プレミアム・モルツ」の製造背景や職人たちのこだわりを知って、意識して飲めばまた違った味わいが楽しめそうだ。

http://tblo.tennis365.net/aeraeroiuoi/2017/04/26/gawervaer/
http://tblo.tennis365.net/houeworshgo/2017/04/26/gvsaerfaewr/

このイベントは、平日であれば通常17:00からの営業となるが、プレミアムフライデーに合わせて4月28日(金)のみ15:00からオープンするので、会社の同僚や気の合う仲間と立ち寄ってみよう。また土曜・日曜・祝日は11:00から営業するため、“昼間からビール”という楽しみ方もあり。深いコクとゆたかな香りが特徴の“新”「ザ・プレミアム・モルツ」。好きな人はもちろん、飲んだことがない人はぜひこのイベントで体感してみよう。【東海ウォーカー/淺野倫孝】

島根県の東部に位置する大根島(だいこんじま

島根県の東部に位置する大根島(だいこんじま)。この小さな島は牡丹の名所として知られ、シーズンともなると多くの観光客で賑わいを見せます。
今回はそんな大根島にある牡丹園のなかから、特に人気のある3つの施設をご紹介!
花が好きだという人、自然の中で癒されたい人は必見の内容となっているので、ぜひ足を運んでみて下さい!

牡丹の香り漂う島 大根島

写真:島塚 渓

島根県松江市の東部、鳥取県境港との県境付近に大根島(だいこんじま)という小さな島があります。ラムサール条約に登録された中海に浮かぶ小島で、周囲はわずか12キロメートルほど。
http://cogoole.jp/searches/blog_detail/678/44054
http://qewgtrpaewr.naganoblog.jp/e2094868.html
そんな小さな島ですが、4月の下旬から5月の上旬にかけて、牡丹が咲き乱れる島として知られる観光地。この時期ともなると多くの観光客で賑わいを見せ、白やピンク、黄色といった色とりどりの牡丹が咲き乱れる様子は必見です!
そんな大根島が牡丹で有名になったのは昭和三十年前後。技術の進歩により短期間での量産が可能になったこと、そして行商に出かけた女性たちの販売努力によって、大根島の牡丹は一気に知名度を上げることとなりました。
現在では300種を越える品種と年間180万本もの生産量を誇る、日本一の牡丹の生産地となっています!

牡丹と「いずも南京」そして溶岩庭園が楽しめる「大根島本陣」

島根県側から国道に沿って大根島に入ると、すぐ目の前に見えるのが「大根島本陣」。
さっそく園内に入ると、甘さを含んだ牡丹の香りがほのかに漂ってきて、実に良い心地です。
そして、ここでは牡丹だけではなく「いずも南京」という貴重なキンギョを鑑賞できるのも見どころの1つ。丸々とした愛らしいフォルムは、お祭りのキンギョとは一味違った気品があります。
さらに「大根島本陣」では、珍しい溶岩庭園も見ることができちゃうんです!もともと大根島は火山活動の結果、誕生した火山の島なので、「島石」と呼ばれる玄武岩がいたるところに広がっています。その石を庭園に利用したのが、この溶岩庭園。荒っぽい溶岩と優雅な牡丹を見比べてみるのも、なかなか乙な楽しみ方ですよ。